ごあいさつ

田中 礼一郎

人々の生活をあたため
心をあたため
人生を豊かにしていく

代表取締役 田中 礼一郎

弊社は1890年の創業以来、岡山の地で130年余りマッチ一筋に操業してまいりました。火をつける道具として良質なマッチを社会に届けたい、その単純な思いが弊社の源です。そして、それは今でもやはり弊社の最大の存在意義となっています。代々の経営者と同様、5代目の私にとってもそれは偽らざる思いです。

また、マッチは人類がそれにより初めて場所や物を選ばず自由に火をつけることが可能となった道具であり、この発明によって人類が初めて炎をコントロールできるようになったとも言えます。そして、その歴史的な発明から約200年経た今も基本的な部分が維持されたまま使用されている非常に珍しい製品なのです。弊社はこの素晴らしい発明を伝承しながらも、さらに洗練して皆様にとって使いやすいものにしていきたいと考えます。その志を同じくする職員は、パート職員も含めて弊社にとってかけがえのない宝であり、会社の最も重要なステークホルダーであると認識しています。

マッチは近年、年々消費量が減少してきましたが、木と紙を主原料とするマッチはプラスチックごみや二酸化炭素排出量が問題となる現代においてこそ、時代に必要なものになり得ると考えます。そして、炎を見つめることにより人の心が癒されることがあるのも事実です。弊社のマッチが皆様の心と体をほんわりと温めることができれば、こんなに喜ばしいことはございません。

「会社は何のためにあるのか。」「会社は誰のためのものなのか。」この基本的な問いをこれからも忘れずに、この原点にもどりつつ、会社として次の100年もコツコツと地道に努力を積み重ねてまいりたいと考えております。

会社概要

会社名
株式会社中外燐寸社(ちゅうがいまっちしゃ)
創業
1890年
所在地
〒702-8024 岡山県岡山市南区浦安南町550番地
代表取締役
田中 礼一郎
資本金
1,000万円
事業内容
家庭用マッチの製造販売、広告マッチ、喫煙具の販売
従業員数
29名(2021年6月現在)
関連会社
株式会社CVEC →会社概要
取引銀行
中国銀行 岡山駅前支店

障害者社会復帰協力者として

中外燐寸社では、就労訓練の場を提供し、社会復帰活動を支援しています。
第34回 精神保健全国大会において、厚生大臣表彰をいただき、また岡山県からも感謝状をいただきました。
これからも、福祉増進に寄与してまいります。

沿革

1890年(明治23年) 田中鹿子吉により 田中マッチ製作所 創業
1928年(昭和3年) 株式会社中外燐寸社へ組織変更し設立
1958年(昭和33年) 中外商事株式会社 設立
1967年(昭和42年) 岡山市南区浦安南町に製造部門移転
連続自動式マッチ製造機設置
1969年(昭和44年) JISマーク表示許可を取得
1973年(昭和48年) 中外商事株式会社から株式会社中外へ組織変更し設立
1976年(昭和51年) イオウを全く使用しない脱硫(だつりゅう)マッチ製法特許を取得
1986年(昭和61年) 第34回精神保健全国大会において厚生大臣表彰を受賞
2007年(平成19年) 新JISマーク表示認定を取得
2011年(平成23年) 株式会社中外を吸収合併
2021年(令和3年) 組織変更により錦町駐車場賃貸事業を株式会社中外燐寸社から株式会社CVECへ移管